法律を学ぶためのさまざまな学校

ビル

 法律を学ぶための学校にはいくつか種類があります。
最もオーソドックスな方法は大学の法学部で学ぶ方法ですが、司法試験合格などの法的資格取得を主目的にした専門学校もあります。
また、2004年からアメリカのロースクールをモデルに法科大学院の制度も取り入れられています。
 それぞれの目指すところは少しづつ異なり、大学の法学部では法律だけでなく背景となる理論などを広く学ぶことになりますが、専門学校などでは(その理念は必ずしもそうではないかもしれませんが)どうしても資格取得に傾斜した学び方になります。
法科大学院は「専門職大学院であって、法曹に必要な学識及び能力を培うもの」とされており、実際の専門職の育成を目指しています。
 社会全般としては資格取得などを目的として法律を学ぶことは少なくないでしょうが、法曹界に入るのではなく企業人として法知識を活用したいと考える人も多いと思われます。
したがって、自分の目指すものとのバランスを考えて併用も含めて選んでいく必要があります。


Menu

最新情報