社労士試験合格のために必要なこと

ビル

社労士すなわち社会保険労務士は労働、社会保険関係の法律の専門家としての国家資格です。
この試験に合格した後は社労士会に登録して個人で事務所を構えることが出来る他、専門的知識を強みとして社内の人事部門へ異動したり、他の会社の人事や総務部門へ転職のチャンスも生まれます。
ハローワークや年金事務所など行政関係の機関の非常勤職員に応募するうえでも社労士資格が有利に働くことでしょう。
社労士試験の試験は毎年一回、8月に行われますが、出題範囲は労働基準法に始まり、雇用保険法、厚生年金保険法、健康保険法など多岐に渡っており、初学者であれば何から手をつけたら良いか迷ってしまうことでしょう。
社労士試験の勉強としておすすめしたいのは、資格の学校へ通学することです。
資格の学校の社労士講座であれば合格の為に必要なカリキュラムが組まれておりますので法律の勉強が初めての方でも安心ですし、講師や他の受講生の存在はきっと刺激になることでしょう。


Menu

最新情報