法律を学校で学ぶには

ビル

学校で法律学ぶには、主には2つのパターンが考えられます。
まずは、大学の法学部に所属することです。
大学では、まずは法律の基本を学びますが、2年生以降になると、ゼミというスタイルの授業が現れます。
どの分野の法を学ぶのかを自身で選択することができます。
特定の分野の法に強い教授に属することで、より深い専門学習ができます。
また、大学によっては、資格試験対策も充実しています。
司法試験の合格は、大学別でも発表されますので、合格者の多い私立大学は資格試験対策も充実していますので、目安とすると良いでしょう。
もう一つの道は、資格試験の予備校や専門学校に進学することです。
法律に強い資格予備校は、東京リーガルマインドや伊藤塾、TACなどです。
目標とする資格をしっかり決めたうえで通学している方ばかりなので、目的意識が大変高く、ハイレベルな授業が展開されます。
一方で専門学校では、行政書士や公務員といった資格試験を目指すことが多いようです。


Menu

最新情報