学校が選挙についての授業を行なう

ビル

選挙の投票権は法律では20歳以上からとなっておりますが、最近では18歳から投票権を持つことができるように議論が進められていたりします。
そのことから学校では、もし自分が選挙で投票をするのであればどのように考えて投票するかクラスで議論を行なったり、仮の選挙を行なったりして選挙について考える授業を行なうところが出てくるようになってきています。
今でも政治に関心を持たない人が多くいるといわれる日本国内ではありますが、そのように学校側が選挙について議論させたり考えさせたりする授業を行なうことは、これからの選挙や政治に関心を持つようになる傾向が出てくる可能性もあり、良い方向に進んでいくのではないかと考えられています。
まだまだ18歳の投票権ではなく今でも20歳から出なければ投票権をえられませんが、いずれ投票する立場になるわけですから、子供のころから政治に関心を持つのは早すぎるということはないかもしれません。


Menu

最新情報